スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム

早いですねぇ。
あと5つ寝たら、お正月ですよ。

今日も、あっという間に一日が終わってしまって、この調子だとあっという間にトシを取っちゃいそうです。(笑)
充実しているというより、余裕がない。(^^;

ま、あせらず一歩ずつですね。(^^)

☆  ☆  ☆

日刊スポーツの「ハム番日誌」って、サイトだけじゃなく、紙面にも掲載されているのかしら。
本間翼さんの書くコラムが、好きです。

7月のこのコラムは、読んでいてしみじみとファイターズのファンでいて良かったなぁって思えました。

ケッペルさんやグリンさんのエピソードを紹介してくれたコラムでは、グリンさんのくだりで涙がだーーーっと出ちゃったり。

12月25日付のコラムも、いい話でした。
打てなくてバットを地面に叩きつける選手に対する、バットづくりの名工の言葉が紹介されていて

「自分の失敗や悔しさ、その責任をバットに背負わせるということは、他人のせいにしていることと一緒だと思います。悔しいときこそ自分で受け止めなければ。やっぱりバットは大切に扱って欲しいし、大事にしてくれる選手のバットづくりには、さらに熱が入りますよ」



これを読んで思い出したのが、一昨年だったかの小谷野さん。
いつもは本当にものを大事にする小谷野さんなのに、チャンスで凡退して。
バットを、折っちゃった時がありましたよね。叩きつけて。
このあとの小谷野さんのレフトでの守備は、鬼気迫るものでした。

あとで、このときの心境を尋ねられて
「道具はなにも悪くないのに、悪いのは自分なのに、バットに当たっちゃった。折っちゃったって、ベンチでずっと思ってた」(大意)
泣きそうな口調で、そんなことを言っていたのを覚えています。
その事件から、もうしばらく経っていたというのにね。

笑顔が天使なのも、うなずけるというもの。
あれで、すっかり小谷野さん贔屓になってしまった私。(^^)

オリンピックから帰ってきた稲葉さんに、半べそかきながら抱きついていたのは、そのあとだったかなぁ。

一つのチームを応援していると、いろんな選手にいろんな思い出が重なって、ますます好きになっていく。
野球の楽しさは、ほんとにたくさんあるなぁ。(^^)


スポンサーサイト

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Access

プロフィール

ポナ

Author:ポナ
いらっしゃいませ。(^^)

北海道日本ハムファイターズをほよよんと応援し、笑顔最強・美作男児こと高橋信二さんを、時に暑苦しく応援しています。(笑)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日本ハムファイターズ (728)
美作男児 (186)
もっさん (42)
なかじまにあ (57)
野球 (52)
他球団 (36)
その他 (112)
野球カード (6)
あらはりあん (6)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索ぷらす

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。